アドマケファクトリー

主にビジネスマンに役立つ知識やノウハウを共有。広告、マーケティング、ビジネススタイルを学べるビジネス情報メディア。



大企業の新規事業はどうやって作る?その方法とは。

f:id:adomake:20190715191632j:image

働き方改革が進んで早く帰れるようになっても意外と業績って落ちませんよね。でも、一部の人は気づいています。仕込みのビジネスが恐ろしく減ってきていると。

 

つ効率化を追求しすぎたので新しいビジネスが生まれなくなってきているというのです。とある1000人そこそこの規模の会社の社長さんのお話だと、最近は早く帰る為に業務を効率化する為に無駄のないプロセスを作り、さらには効率の悪い仕事をお断りする事も増えてきたという。「もちろん、無駄は減りました」と。

ただ、それによって今まで生まれていた新しいビジネスや数年後を見据えた稼ぎ方みたいな話が全く社内で出てこなくなってしまったようです。

 

そこで、新規事業のコンテスを開催したら全く集まらない。担当の人間に聞いたところ「効率化を追求しすぎた結果、プライベートは充実してそうだが仕事でやりたい事や成し遂げたいことは減っているみたいです。」との事。

 

もうこれから一般の社員がバリバリ働きながら積極的に新規事業を立ち上げて「なんとかこの事業を通してください!部長!本部長!社長!」みたいな時代は....なかなかなさそうですよね。

 

そんな中で、いま大手企業が頼っているのはベンチャー投資です。なぜなら、自社からはなかなか破壊的なインパクトを持ったアイディアは出てこないからです。事業を立ち上げる熱量のある人達はベンチャー投資がこれだけ市場に溢れているのですでに外にいるんですね。 

  

 

 

では、大企業はどうやって新規事業を作ればよいのか?

「君、今日から新規事業担当だ!」とか冗談ではなく起きているらしいので、大手コンサルティング会社なども使っている手法ではありますが、少し紹介します。

 

 

 

事業のスコープを決める

 

新規事業を始める時に、まず困るのが範囲が定まっていない事だ。本業とのシナジーやアセットの活用などいろいろと制限をしすぎても発想は広がらないし、逆に何もなさすぎると何も出てこない。そこでまずはスコープ(=範囲)を決めましょう。

 

1,テリトリーを決める

デジタルトランスフォーメーションが進む中で、もう国や地域にこだわらずいろいろなことが出来る様になりました。中国だったら個人情報の取得や過度なデジタル化も出来るけど日本だとライドシェアすら規制対象。どこの国、地域でやるかによって出来ることが決まってきます。

 

2,既存アセットを活かすかを決める

完全新規か既存のアセットを活かすかを決める。

■完全新規ビジネス

既存のアセットなどは全く考えずに新しい事業で収益を求めるパターン

■既存のアセットを利用

既存のアセットを使い新しいビジネスを作る方法。例えば、docomoが作ったiモードは既存の携帯料金の集金スキームをB2B(コンテンツサプライヤー)に提供することで収益を生んだモデルだ。

■既存の事業をベースにしながらも新規事業を作る

例えばUberはライドシェア事業をベースにしながらも、Uber Eatsという飲食配達事業を作り上げた。

 

3,その他のルールを決める

既存の顧客を持っていくようなビジネスにはしない。手を出してはいけない領域を決めるなどだ。このあたりは、会社の偉い人が予め決めておくと良いアイディアが出たにもかかわらず謎のルール(たいてい社長・役員のプライドやこだわり)で却下にならなくて済む。

 

アイディアを出す

 

スコープを定めたらあとはアイディアを出そう。

大きな事業は下記の大きな時代の流れの時に生まれる。

・人口動態:少子高齢化

・法律などルール:マイナンバー

イノベーション:インターネット、スマートフォン

など。

 

ただ、こんなのはそうそう起こらない。

また、他にも顧客のニーズ(ペインポイント)から考える手法もあるが、

・後継者不足(M&A)

・空き家問題(解体 OR リフォーム)

だいたいみんな思いつく。よほどアセットと親和性があれば別だろうが。

 

できたら苦労しないと言われるかもしれないが、まだ世の中に出ていない潜在的な課題を発見する事や、こうなったら素敵だなという未来を思い描けるか、それに尽きると思います。

 

ビジネスアイディアを絞ってローンチに向けて準備する

 

基本的にはビジネスは10個ほど大きなビジネスアイディア(スキーム)を作り上げたあとに上司と共に3,4個に絞り込んで役員会などにかけるのが良いだろう。別に10個ぶつけても良いと思うのでそのあたりの判断はお任せします。(この辺は会社によって変わるだろうが)

 

その後、会社としてGOが出たものをまずは市場に出す。

この場合は1年である程度目標を定めたら達成できなかった場合は撤退するなどの共通認識を持っておいた方が良いだろう。トップダウンでスタートした事業ほどうまく行かなくて引き際を見失いがちである。

 

・1年以内に月間UU500万

・月の売上が1,000万

・年間流通総額5,000万

・DL数100万

などなど。実施するビジネスに合わせて適した目標を定めると納得感を持って撤退出来ると思います。

 

いかがでしたでしょうか。

大企業で新規事業の担当を任せられたら上記を参考にしてみてください。

ビジネスアイディアの出し方や新規事業のスキームの考え方は書籍で多く出ておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

 

<こちらの記事もおすすめ>

 

 

adomake.hatenablog.com

 

 

adomake.hatenablog.com