アドマケファクトリー

ビジネスマンに役立つ知識やノウハウを共有。広告、マーケティング、ビジネススタイルを学べるビジネス情報メディア。

新型iPhoneがついに発表!iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの決めては望遠レンズ。

新型iPhoneiPhone 11 Pro/Pro Max」ついに発表。

新型iPhone がついに発表。AppleiPhoneの新モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表した。日本では13日から予約を受け付け開始、そして20日に発売となる。

 

 

f:id:adomake:20190911100325j:plain



先日、スペックの予測記事を書いたが今回はこのiPhoneの新型を買いかどうか正式に発表された内容を基に考察していく。

過去予測記事はこちら

adomake.hatenablog.com

 

値下げはコモディティ化の証拠

今回のiPhoneのトピックは実は値下げなのではないかと思っている。iPhoneはそれぞれ2018年モデルの「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」をベースにした新型発表という事なのだが、それぞれが5000円〜1万円程度値下げされている。

iPhone 11<iPhone 11 Pro<iPhone 11 ProMAXと価格が変わるのだが、最安はiPhone11の64GB7万4800円で2018年の同クラスiPhone XRの64GBの8万4800円だったので1万円下がっている。値段が下がるというのは一般的には機能がコモディティ化してきた証拠であるので、価格戦略面からすると他のスマートフォンや旧型と比べ消費者が買いたいと思う根拠が無いと販売側も思っていると推察されえる。

 

やはり今回のメインはカメラの進化

iPhone 11

 iPhone 11に関してはスペックは微妙に向上している(詳細は他のネットニュースに委ねるが)のに加えてデュアルカメラになった。iPhone 11はデュアルカメラを搭載。広角レンズ(F1.8)は35mm判換算26mmの標準的ものだ。そのレンズに加えて超広角レンズ(F2.4)13mmを追加している。いずれのレンズもイメージセンサーは1200万画素であるが、光学式手ブレ補正は広角レンズのみであり超広角には非搭載となっている。

さらに

・撮影モードに、夜のシーンを明るく捉えられる「ナイトモード」

・チップは「A13 Bionic」搭載。発表では「スマートフォン史上、最高のプロセッサ/グラフィックス」とされている

 ・防水性能は水深2メートルで最大30分間耐えられる「IP68」等級に対応

・インカメラ「TrueDepthカメラ」が1200万画素になり4K動画撮影に対応

・「Wi-Fi 6」(最高規格)に対応

・モバイル通信が「4G LTE-Advanced」から「ギガビット級LTE

 

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Max

違いはずばりトリプルカメラか否か、である。

iPhone11の広角、超広角レンズに加えて望遠レンズ(52mm F2.0)が追加されている。

本当に細かなスペックの違いはあるが、ざっとみた限り素人が知覚できるのはもう望遠レンズがあるか否かくらいだ。

 

 

買いかどうかの判断はカメラ

過去記事の結果と全く一緒になったが、ポイントはカメラだ。

インスタグラムなどを良く使っており、iPhoneXよりも前のカメラを使っているので「ポートレート」「撮影画素」「撮影機能」に不満を持っている。そんな人は買いだろうが、それ以外の人が買う理由は特に無い。

また、個人的には映像撮影機能が仕事にも耐えうる内容だと感じているが、一般的にこの機能を使う人は殆どいないだろう。カメラ欲しい人、9月20日より発売です。

 

■新型iPhoneにはこちらの記事もおすすめ

 

adomake.hatenablog.com

 <こちらもおすすめ>

 

adomake.hatenablog.com

 

 

adomake.hatenablog.com

 

あなたの番ですはhuluを全て見て完結する

先日のブログであなたの番ですのマーケティング戦略について語りましたが、本日はあなたの番ですがhuluを見ないと結局完結しなかったという話をさせていただきます。

 

あなたの番ですはhuluを見て完結する

あなたの番ですが最終回を迎えました。あえて前回予測はしませんでしたが、予測通りになってしまったので正直私としては「あー」というなんとも言えない感情でした。 ただ、ドラマとしてはこの話数をあそこまで引き込んで魅せるのはやはりさすがの秋元劇場だなと思いました。

日テレドラマ

そして、最終回でアナザーストーリーが超絶重要な要素をもっている(あえて本編観てない人の為にぼかします)という訴求があり「やはり来たか!」という気持ちになりました。huluでのアナザーストーリー戦略は超重要路線できましたね。

ちなみに、あまりご存知でない方もいると思うのですが、最近はキー局とオンデマンドの結びつきが強いのでキー局だけでは完結せずにアナザーストーリーをhuluなどで流す戦略が主流なのです。両方観ないと完結出来ないというオンデマンド未登録の人にはちょっと酷な時代ですね。

 

私はまずは本流のストーリーを全部観てからアナザーストーリーを観ようと思っていたのでhuluで放送されているアナザーストーリーの「扉の向こう」はまだ観ていませんでした。

しかし、最終回でアナザーストーリーが超絶重要な要素をもっている(あえて本編観てない人の為にぼかします)という訴求があり「やはり来たか!」という気持ちになりました。

 

このアナザーストーリーは、重要なパターンと重要でないパターンがあるのですが、このドラマは途中で出てきた伏線が回収されていないというものが多数ありました。「あれは?」「これは?」と気になって気になって仕方なかったので、早速扉の向こうを観始めました。

そしたら、各家族ごとの伏線回収。そして感動する話(そらくんの話は感動・・)が次々に・・。そして、ついに最後のアナザーストーリーへ。

 

最後まで「あなたの番です」を観た方は是非huluを観ることをおすすめします。

伏線回収、話の広がり、人間関係の背後、色々なものが「なるほどなぁ」と思えます。

2週間無料期間に観れるものですし、是非。

日テレドラマ

 

 ■過去のあな番記事

 

adomake.hatenablog.com

 ■ドラマや漫画の話が好きなら下記もおすすめ

 

adomake.hatenablog.com

adomake.hatenablog.com