読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このラブレターはどこへ行くのか。

とある広告屋さんが誰かに向けてコトバを紡ぎ続けます。

ヘ●シア緑茶が机にあるやつはだいたいデブ。

突然ですが、私は先月よりセルフライザップを始めました。

とりあえず1月の1ヶ月で4kg減ったので、

激務で太り続ける業界の皆様にご報告したいと思います。

 

別に一緒に痩せましょうとかそんなつもりは全くないのですが、

この業界は飲んで食って仕事とってきた古き好き時代を引きずるような

超絶不健康な業界なので、今はそんなの流行らないから少しでも健康思考になってもらえればと思い記します。

 

わたしは、何故太ったかのか

 

学生時代は178cmの58kg、体脂肪率8%の痩せマッチョ体型だった私。

 

それが社会人になってから日々の激務にメンタルが耐え切れず、

そのストレスをひたすらに食べることで解消してまいりました。

夜中のラーメンや、甘党なので生クリームたっぷりのデザートなどを食べておりました。

その結果、半年で腹はたるみ、座っているだけで明らかにお腹の肉がベルトに乗っているのがわかるようになってきたのです。

 

入社から1年経った頃には見事に15kgほど増えたおっさんへと変化してました。

人はここまで一気に太れるものかと感動すらしました。

 

それから数年、この体型を維持していたのですが

ふと2016年は痩せなければと決心してダイエットを始めました。

 

 

いままでの私のダイエット

 

今までも何度かダイエットを試みた事はあった。

 

まずは、ヘ●シア緑茶をとにかく飲みまくった。

もちろん効果は現れなかった。

あの飲料は、そもそもに脂肪の燃焼をサポートする飲料であって、

脂肪を燃焼させる行動を起こさない限りは痩せないのだ。

 

勿論、パッケージに機能性をうたえる特定健康保険食品様であるゆえに効果はあるはずである。

しかし、あのお茶が机の上に置いてある人間がだいたいデブなのは

こういったものに頼って楽して痩せたいと思っている甘えきったやつばかりだからだ。

飲んでいい事してる気になって、好きなもの食べて飲みに行くのである。

 

甘えるな、デブ。

 

あなたがもし何かに頼りきりのダイエトを志しているならこの言葉を贈ろう。

 

その後も夕食に炭水化物を抜くダイエット、食事制限はせずにランニングで補うなどを始めたが、イマイチ効果があがらない。

 

そもそもに少しずつ痩せていこうという考えが甘かった。

毎月1キロ、1年で10キロみたいな長い目標、私みたいな人間には耐えられない。

 

英語を勉強しよう、毎日単語10個覚えよう。

毎日早起きをして、朝活するぞ。

 

 

 

一年の計は元旦にあり。そうやって毎年立てた目標。

1年やり通した過去が私にあっただろうか。

 

 

・・・・・

 

いや、無い。

 

そんな事は、無理である。

ということで、私は熱のあるうちに2ヶ月半で7kgほど痩せる事にした。

 

 

どうやって痩せるか

 

とはいえ毎日帰るのは日付が変わってから。

仕事帰りにジムで汗を流して、ちゃんと食べてみたいな生活は到底無理である。

 

そもそも毎日こんな働いていて何故痩せないのか、

私は誰かにとうとうと問い詰めたい。

こんな辛い思いをしてなぜ痩せないのか。

 

そんな時に、同じく激務で太りにふとって今にも破裂しそうになっていた

某社長から結果にコミットする超高いジムの話を聞いた。

とにかく食事は動物にでもなった気分のような質素なもので、

筋トレが辛いと嘆いていた。

 

つまり、簡単に言うと食事制限筋トレをすると結果にコミット出来るらしい。

 

 

調べてみると、人間というのは7200kcal消費すると1kg痩せるらしい。

 

太るか痩せるかは

摂取カロリー − 消費カロリーで決まる。

 

デスクワークの男性は1日でだいたい2200kcalちょっと消費するらしい。

つまり、1週間何も食べず働き続けると14,000kcalで2kg弱痩せる事になる。

裏を返すとハンストみたいな事しても1週間で2kgしか痩せないのである。

 

そもそもに私はどのくらい食事をしているのか。

振り返ってみることにした。

 

サンドイッチ 300kcal

おにぎり 250kcal

 

会社側のランチセット ご飯大盛り 1200kcal

 

おやつ

チョコレート 250kcal

 

菓子パン 350kcal

おにぎり 250kcal

チキン 250kcal

 

夜食

デザート類 350kcal

 

トータルで3200kcalである。

 

つまり、2200kcal-3200kcal=1000kcalで毎日+1000kcalを摂取していたよう。

毎週1kgの体重増の計算になる。

 

むしろ、よくこの体重で収まっていたなという結果に驚愕した。

この計算をベースに、1週間に4400kcal程を削減する事を目標にした。

 

私は、とりあえず計画として毎日の摂取カロリーを1500kcal程度に抑えて

−700kcal/日✕7日=-4,900kcal

4,900kcal✕10w=49,000kcal

49,000kcal/7,200kcal=6.8kg

 

という計算を立てた。

 

ベースの食事は

 

ヨーグルト 60kcal

サンドイッチ 280kcal

 

パスタ 500kcal

 

サラダチキン 110kcal

コンビニのレンジでチンするスープ  200kcal

サラダ 150kcal

 

これでだいたい1300kcalである。

これに加えて1日200kcal程好きなモノを食べられる。

 

だがしかし

 

サラリーマンたるもの

 

上司の「おい、昼いくぞー」

先輩の「おい、飲み行くぞー」

 

はどうしても避けて通れない道である。

もうコレばかりはしょうがないので翌日の朝食を抜いたり朝昼こんにゃくゼリーにしたりと摂取カロリーを調整したり、土日にランニングやジムでカロリーを消費する以外に方法はない。

 

ちなみに、一般的な飲み会は1回あたり1500kcal程度摂取するようです。

お酒飲まれる方はとりあえずビールを3,4杯飲まれると思いますが、

ビールは1杯あたり200kcalです。4杯飲めばおつまみ食べずに800kcal。

辛いでしょうが、飲み会中はいかにカロリーを摂取しないかの戦いです。

特に、夜の炭水化物は脂肪になりやすいので締め系と、寿司とかは避けましょう。

 

ちなみに私は走れるタイプなのだが、辛い思いをして20km走っても1300kcalの消費、

10km走っても600kcal程度しかカロリーというものは消費されない。

10km走ってやっとビール3杯分である。

 

いかに、日々の摂取カロリーを減らすのが重要か確認出来る。

 

また、某高級ジムでは筋トレなどをしてリバウンドしないように

基礎代謝をあげたりもしているようだが、基礎代謝なんて前後しても200kcal~300kcalである。

 

最終的には身体のラインや、見え方考えて筋肉をつけたいが、

とりあえずは目標体重まで落とすことが何よりも優先。

プロテイン摂取や、筋トレは程々にして上記の食事制限を続けた結果

 

73kg→69kg

 

と、4kgの減量に成功した。

 

 

 

しかし、正直ここにきて限界が来ている。

 

 

天一の炒飯定食が食べたい。

焼き肉の時にはライスを頼みたい。

ホールケーキを丸々食べたい。

 

・・・。

 

 

そんな欲求が生まれてきたので、

自分を戒めるためにも記事を書いたところがあります。

 

半年ぶりの更新なのに全くマーケティングも広告も関係ありませんが、

何かの参考になればと思います。